おとなの自動車保険

「おとなの自動車保険」の弁護士特約はどう?特徴や注意点を他社と比較しながら解説!

投稿日:

おとなの自動車保険に弁護士特約があると知って、利用を検討している方も少なくないでしょう。

しかし申し込むにあたって、以下のような疑問が生じているのではないでしょうか。

疑問・悩み

  • おとなの自動車保険の弁護士特約とは、どんなサービス?
  • おとなの自動車保険の弁護士特約は、他社と比べて優れている?
  • おとなの自動車保険で弁護士特約を利用するにあたって、知っておきたい注意点はあるの?

そこでこの記事では、おとなの自動車保険における弁護士特約サービス「弁護士費用特約」の特徴を、他社とメリット・デメリットを比較しながらまとめました。

先に結論を述べておくと、弁護士費用特約があれば、自動車に関連した事故に遭った際もスムーズに対処できるので安心です。

ただし利用にあたってはしっかり使える状況を把握しておく必要があるので、注意が必要と言えるでしょう。

この記事を最後まで読めば、おとなの自動車保険における弁護士費用特約の内容をしっかり知り、申し込みの必要の有無や使いこなし方がわかるようになるので、参考にしてください。

おとなの自動車保険の「弁護士費用特約」とは?概要を解説

おとなの自動車保険でオプションとして提供されている「弁護士費用特約」は、他社の弁護士特約と同じようなサービスです。

弁護士費用特約では、もらい事故に遭った時に弁護士を雇う費用を支払ってもらえる

弁護士特約は、相手に事故を起こされた「もらい事故」の際に役立ちます。

相手に100%責任があるもらい事故では、自分が契約している保険会社が相手に示談交渉を進めてくれません。

つまり相手と自分で直接交渉を進めなければいけませんが、なかなかうまく交渉を進められないケースは多いでしょう。

しかし弁護士費用特約に加入していれば、弁護士に交渉を手伝ってもらえます。

弁護士を雇って交渉をすすめること自体は特約に入っていなくてもできますが、自分で雇う場合高額な費用がかかってしまうのが難点です。

おとなの自動車保険で弁護士費用特約に加入していれば、発生した以下の2つの費用をおとなの自動車保険に支払ってもらえます。

メモ

  1. 弁護士や司法書士に支払う報酬や、訴訟など様々な手続きでかかった費用(1名・1事故あたり最大300万円)
  2. 弁護士や司法書士に法律相談をしたり、司法書士や行政書士に書類作成をしてもらったりした際にかかった費用(1名・1事故あたり最大10万円)

車に乗っているときはもらい事故にも注意が必要ですが、おとなの自動車保険で弁護士費用特約を付けていれば、もしもの際も安心でしょう。

自分の車以外でトラブルに遭ってもOK、記名被保険者以外も対象にできる

おとなの自動車保険における弁護士費用特約は、家族の車やタクシー、バスなど、自分以外の車のトラブルにも適用できます。

補償対象となる自動車には原付きや二輪自動車も含まれているので、4輪の車しか対象にできないわけではありません。

さらに補償対象者は以下の5つに当てはまる人で、契約者本人以外がトラブルに遭った際もしっかり対応してもらえるため安心です。

メモ

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名非保険者や配偶者と同居する親族、未婚の子
  4. 契約自動車に搭乗していたその他の人
  5. 契約自動車を所有する人

利用しても、ノンフリート等級は下がらない

自動車保険を利用する際は通常、保険金請求により「ノンフリート等級」が下がり、今後の保険料が上がります。

しかしおとなの自動車保険における弁護士費用特約は、利用してもノンフリート等級が下がることはありません。

今後の自動車保険の利用に響かないので、安心して気軽にサービスを利用できます。

おとなの自動車保険と、他社の弁護士特約を比較

大人の自動車保険意外にも様々な自動車保険で弁護士特約が提供されているので、他4社とおとなの自動車保険で特徴を比べてみました。

最大保険金額メリットデメリット
おとなの自動車保険着手金・報酬金等最大300万円、法律相談費用最大10万円とくになし日常事故に非対応
ソニー損保着手金・報酬金等最大300万円、法律相談費用最大10万円別契約で日常事故に対応可能とくになし
アクサダイレクト着手金・報酬金等最大300万円、法律相談費用最大10万円日常事故に標準対応とくになし
SBI損保着手金・報酬金・法律相談費用などすべてまとめて最大300万円法律相談費に10万円などの上限がなく、着手金などとまとめて1回・1名最大300万円支払われる日常事故に非対応
三井住友海上火災着手金・報酬金等最大300万円、法律相談費用最大10万円別契約により、日常事故も対応してくれる家族の車におけるトラブルは対象外になる

以上のとおり、おとなの自動車保険における弁護士特約の保険金額は他社と概ね共通しているので、とくに選んで損はありません。

しかしソニー損保やアクサダイレクト、三井住友海上火災と違い、日常事故(他の人が飼う犬に噛まれたなどの、日常で損害を受けたケース)に対応してもらえないのはデメリットと言えるでしょう。

日常事故まで万全に補償してもらいたい場合は、アクサダイレクトなどで弁護士特約を申し込むのがおすすめです。

日常事故に対応してもらう必要がなければ、おとなの自動車保険のその他の補償・サービス等に魅力を感じた場合は、おとなの自動車保険で合わせて申し込んでみてはどうでしょうか。

おとなの自動車保険で「弁護士費用特約」を申し込む際の注意点

最後に、おとなの自動車保険において弁護士費用特約を申し込む際の注意点を解説します。

注意点をチェックして、納得の上で申し込みを検討しましょう。

日常事故には対応してくれない

比較の項目でも触れたとおり、おとなの自動車保険における弁護士費用特約は、日常事故に非対応です。

車のもらい事故以外の日常事故にも万全の備えをしておきたい方は、アクサダイレクトなどで自動車保険を申し込んだほうが良いでしょう。

他に車両保険や人身傷害保険に入っているなら、あえて申し込む必要なし

別途車両保険や人身傷害保険などに加入していて、トラブルの際に保険金を受け取れる状態なら、あえて弁護士費用特約を申し込む必要はありません。

他の保険等に加入しておらず、おとなの自動車保険で自動車保険に加入している・加入予定の場合にのみ、利用を検討しましょう。

家族が持つ他の車に、弁護士費用特約を付ける必要はない

弁護士費用特約は、1つ契約すればもれなく契約者の家族も補償対象となります。

家族が持つ2台目以降の車に自動車保険を付ける際、弁護士費用特約を申し込むと補償が重複して損になるのでご注意ください。

まとめ

この記事では、おとなの自動車保険における弁護士費用特約の特徴を解説しました。

もらい事故に備えたい方は、必要に応じて弁護士費用特約をオプションで申し込んでみてはどうでしょうか。

ただしおとなの自動車保険における弁護士費用特約は、日常事故には対応していません。

日常事故にも備えたい場合は、アクサダイレクトなど他社で提供されている、日常事故対応の弁護士特約を利用するのがおすすめです。

今回の解説をぜひ、自分に合う自動車保険・弁護士特約を探す参考にしてください。

-おとなの自動車保険

Copyright© 保険のいろは , 2020 All Rights Reserved.