アクサダイレクト

アクサダイレクトの人身傷害補償特約とは?特徴や注意点をチェック

更新日:

自動車保険を利用するにあたって、アクサダイレクトで人身傷害補償特約を利用したいと考えている方も多いでしょう。

しかし利用にあたって、以下のような疑問を感じているのではないでしょうか。

疑問

  • アクサダイレクトの人身傷害補償特約の特徴は?
  • アクサダイレクトの人身傷害補償特約は、他社と比べてどうなの?
  • アクサダイレクトの人身傷害補償特約の、口コミを知りたい

この記事では、アクサダイレクトの人身傷害補償特約に関する情報や、クチコミ情報を調査しました。

結論から言うと、アクサダイレクトの人身傷害補償特約は、運転者や同乗者が死傷した際に高額な保険金を受け取って損害額を補えるので、おすすめです。

ただしトラブル時に万全な対処を受けられないケースもあるので、事前に内容を理解しておかないと大変なことになる恐れもあり、注意が必要です。

この記事を最後まで読めば、アクサダイレクトの人身傷害補償特約のメリット・デメリットが100%把握できるので、参考にしてください。

この記事では、アクサダイレクトの人身傷害賠償特約に関しての紹介をしています。

「特約以外のことも知りたい!」「特徴を全体的に理解したい!」と思っている人は下記の記事も参考にしてください。生の口コミからわかるアクサダイレクトの正体を紹介しています。

【知らぬは危険!】評判や口コミから暴く「アクサダイレクト」の正体

爽やかイケメンの岡田将生さんが出演している「アクサダイレクト」 参照:アクサダイレクト CMで有名なだけでなく、日本を代表する自動車保険と言えます。 ただ実際に利用した人の口コミや評判を、下記のように ...

続きを見る

アクサダイレクトの人身傷害補償特約って何?

アクサダイレクトでは、自動車保険とバイク保険において人身傷害補償特約が提供されています。

自動車事故が起こってしまった際、自分や同乗者が怪我をしてしまうことがあります。

怪我をした際は当然ながら治療費が必要になりますし、あるいは死亡時にも今後のために保険金が支払われたほうが良いケースがあるでしょう。

アクサダイレクトで人身傷害補償特約を申し込んでいれば、過失割合(事故における自分の責任の大きさ)にかかわらず、運転者や同乗者が死傷した際に保険金を受け取れます。

事故の相手との示談交渉が解決するのを待つ必要がないので、大至急お金が必要な場合も心配ありません。

主な対象事故と被保険者一覧

アクサダイレクトの人身傷害補償特約では、標準で歩行中や自転車に乗っているときの自動車事故も補償対象となっています。

状況ごとの補償対象者を、以下にまとめました。

記名被保険者と家族その他の人
契約中の自動車における事故補償あり補償あり
その他の自動車における事故(一部対象にならない車もあり)補償あり補償なし
歩行中に起こった自動車事故補償あり補償なし
自転車に乗っている際の自動車事故補償あり補償なし

家族や記名保険者以外の方に対して保険金が支払われるのは、契約中の車に乗っているときの事故に限られるのでご注意ください。

なおアクサダイレクトでは別途、非保険自動車のみを補償対象にする「人身傷害補償に関する非保険自動車搭乗中のみ補償特約」も用意されています。

保険金額は無制限または最大1億円、重度後遺障害時は金額アップも

アクサダイレクトの人身傷害補償特約における保険金額は、以下の9種類から自由に選択可能です。

メモ

  • 3,000万円
  • 4,000万円
  • 5,000万円
  • 6,000万円
  • 7,000万円
  • 8,000万円
  • 9,000万円
  • 1億円
  • 無制限

重度の後遺障害が生じて介護が必要となってしまった場合は例外として、無制限以外の保険金を設定している際は、保険金額の2倍が支払われます。

例えば1億円に設定していれば2億円を受け取れるので、治療費が膨大になってしまった場合も対処しやすくなるのではないでしょうか。

アクサダイレクトの人身傷害補償特約は充実している?他社と比べてみた

アクサダイレクト以外にも人身傷害補償特約を提供している保険会社があるので、保険金額と特徴をまとめました。

保険金額特徴
アクサダイレクト3,000万円~1億円、無制限過失割合にかかわらず示談交渉解決前に保険金を受け取れる、標準で歩行中や自転車、契約していない車の事故にも対応(記名被保険者と家族)
東京海上日動最大1億5,000万円程度、年齢や被扶養者有無、死亡または重度後遺障害で金額が変動過失割合にかかわらず保険金額を限度に損害額を補償、怪我をして5日以上入院した場合は一時費用保険金が1名10万または20万円支払われる、「人身傷害の他車登場中及び車外自動車事故補償特約」追加で車外事故や契約していない車での事故にも対応
おとなの自動車保険実際の損害額を補償過失割合にかかわらず実際の損害額を補償、示談交渉を待たず支払い可能なケースあり、車内・車外補償と車内事故のみ補償タイプが有る
チューリッヒ3,000万円~1億円または無制限示談交渉を待つ必要なし、人身傷害(重度後遺障害時は保険金額の2倍が限度)の保険金・被保険者死亡時や入院20日以上時の臨時費用が支払われる

東京海上日動やチューリッヒは、入院が長引いた場合に臨時費用を受け取れるのがメリットです。

概ね各社のサービス内容は似通っていますが、アクサダイレクトを選ぶメリットは、標準で歩行中や自転車での自動車事故に対応していることでしょう。

またチューリッヒと共通ですが、重度の後遺障害時に保険金額の2倍を受け取れるのも、アクサダイレクトを選ぶメリットです。

アクサダイレクトの人身傷害補償特約の口コミをチェック!

アクサダイレクトで人身傷害補償特約を利用している人の口コミ情報を、チェックしてみました。

家族の自動車事故を補償してくれることと、料金のやすさを理由に、バイク保険をアクサダイレクトで申し込んだという声がありました。

サービスに充実度が高く、便利に使えるとして、アクサダイレクトの人身傷害補償特約には人気があるのです。

2つ目の口コミでも、様々な特約をつけてアクサダイレクトを安く利用できたという声が上がっています。

できる限り費用を抑えつつ安心を得たい人は、アクサダイレクトが要検討と考えられるでしょう。

人身傷害補償特約をつけても安いことを理由に、アクサダイレクトに乗り換えたという声もありました。

まとめ

いかがでしたか。

アクサダイレクトの人身傷害補償特約は標準で歩行中や自転車での自動車事故に対応している点が特徴といえます。

また口コミから料金が安いこともわかりました。

上記特徴に興味がある人はぜひアクサダイレクトも候補にあげてみてはどうでしょうか。

この記事が少しでもあなたの自動車保険探しの役に立てれば幸いです。

-アクサダイレクト

Copyright© 保険のいろは , 2020 All Rights Reserved.