アクサダイレクト

アクサダイレクトの弁護士特約ってつける必要ある?気になる特徴と他社比較

更新日:

事故を起こした際に相手と交渉を進めてもらえる弁護士特約に魅力を感じていて、アクサダイレクトにおいて契約を検討している方も多いでしょう。

しかし以下のように、気になることがある場合もあるのではないでしょうか。

お悩み

  • アクサダイレクトの弁護士特約は、どんなサービス内容?
  • アクサダイレクトの弁護士特約における、他社との違いは?
  • アクサダイレクトの弁護士特約に、注意点はある?

この記事では、アクサダイレクトの弁護士特約のしくみや、他社との違い、気をつけたいことについて解説しています。

結論を先に言うと、アクサダイレクトの弁護士特約は、保険金額が大きく日常事故にも標準対応してもらえるため、他社と比べても圧倒的におすすめです。

この記事を読めば、アクサダイレクトの弁護士特約が必要かどうかをしっかり判断できるので、参考にしてください。

この記事では、アクサダイレクトの弁護士特約に関して紹介しています。

「特約以外のことも知りたい!」「特徴を全体的に理解したい!」と思っている人は下記の記事も参考にしてください。生の口コミからわかるアクサダイレクトの正体を紹介しています。

【知らぬは危険!】評判や口コミから暴く「アクサダイレクト」の正体

爽やかイケメンの岡田将生さんが出演している「アクサダイレクト」 参照:アクサダイレクト CMで有名なだけでなく、日本を代表する自動車保険と言えます。 ただ実際に利用した人の口コミや評判を、下記のように ...

続きを見る

アクサダイレクトの弁護士特約とは?概要をチェック

アクサダイレクトでは、「弁護士費用等補償特約」と呼ばれる弁護士特約サービスが提供されています。

弁護士費用特約は、相手側に責任がある「もらい事故」を起こされた際に、弁護士に交渉を代行してもらうにあたって発生した費用を保険金で支払ってもらえるサービスです。

人が死傷したり、財物が被害を受けたりした際に、弁護士等へ相談するのに費用がかかったら利用することができますよ。

もらい事故を起こされた際は、契約している保険会社が交渉できないので、自分で相手と交渉するのが基本です。

事故の被害にあった上に、面倒な交渉手続きまで自分で行わないといけないのは、とても不便に感じるのではないでしょうか。

しかし弁護士や司法書士、行政書士といった専門者に依頼すれば、手続きを代行してもらえるため、手間はかかりません。

ただし弁護士に依頼すると、相談費用や訴訟、和解、調停といった手続きの費用がかかります。

そこでアクサダイレクトの「弁護士費用等補償特約」に加入していれば、弁護士等に支払う費用を保険金として支払ってもらえるのです。

アクサダイレクトの「弁護士費用等補償特約」における補償内容は、「損害賠償請求費用」が最大300万円、法律相談費用が最大10万円まで支払われるので、かかった費用を十分補えるでしょう。

対象となる被保険者

アクサダイレクトの「弁護士費用等補償特約」では、以下の4つに当てはまる人を対象にできます。

  • 記名保険者
  • 記名保険者の配偶者
  • 記名保険者・記名保険者の配偶者の親族または別居の未婚の子
  • その他、契約している車に搭乗中の方

家族の幅広い範囲に加えて、車に一緒に搭乗中だった人まで保証対象になるので、役立つ機会は多いでしょう。

アクサダイレクトと、他の自動車保険における弁護士特約の違いを比べてみた

アクサダイレクト以外の自動車保険でも弁護士特約サービスを利用できるので、主な4社と比べてみました。

保険金額メリットデメリット
アクサダイレクト損害賠償請求費用最大300万円・法律相談費用最大10万円歩行中の事故や他人の犬に噛まれたなどの日常生活中の事故にも対応するとくになし
ソニー損保損害賠償請求費用最大300万円、法律相談費用最大10万円とくになし日常事故は別契約
SBI損保損害賠償請求費用や法律相談費用の合計最大300万円とくになし日常事故非対応、全て合わせて合計300万円の保険金が支払われる
セゾン自動車火災損害賠償請求費用最大300万円・法律相談費用最大10万円とくになし日常事故に非対応
三井住友海上火災賠償請求費用最大300万円・法律相談費用最大10万円とくになし日常事故は別契約、家族の車が対象外になる

見てのとおり、他社の場合は日常事故が別契約だったり、非対応だったりするので、アクサダイレクトは他社に比べてお得であることがわかります。

充実した弁護士特約が必要な方は、アクサダイレクトを検討してみてください。

アクサダイレクトで弁護士特約をつけるにあたり、注意することは?

アクサダイレクトで弁護士特約をつける際は、一部保険金請求の対象外になる場面があることにご注意ください。

  • 被保険者側に過失がある
  • 台風や洪水、高潮による被害を受けた
  • 損害賠償の請求先がアクサダイレクト
  • 社会通念における不当な請求

要するに、被保険者側に問題があったり、災害が原因によるトラブルだったり、あるいはアクサダイレクトを相手取っている場合は、弁護士特約の対象外です。

まとめ

アクサダイレクトの弁護士特約は、日常事故にも標準で対応してもらえるため、他社に比べて充実度が高いです。

弁護士特約の充実度が高い自動車保険を申し込みたい場合は、アクサダイレクトを選ぶのがおすすめです。

-アクサダイレクト

Copyright© 保険のいろは , 2020 All Rights Reserved.