アクサダイレクト

アクサダイレクトで2台目の車に自動車保険を付けるメリットはある?

更新日:

家庭に2台以上車がある場合、2台目の車ではどこの自動車保険に加入するべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

アクサダイレクトには「複数所有新規割引」という制度があり、2台目以降の車で自動車保険を契約する際お得になります。

しかし以下のような疑問があり、利用するべきか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

疑問

  • アクサダイレクトで、複数所有新規割引を受ける条件はある?
  • アクサダイレクトの複数所有新規割引は、他社と比べて優れている?劣っている?
  • 複数所有新規割引は、利用者からの評判は良い?

そこで、この記事では、アクサダイレクトの複数所有新規割引の特徴や評判をまとめました。

結論を先に言うと、アクサダイレクトの複数所有新規割引はオトクな制度で、アクサダイレクトユーザーなら利用するのがおすすめです。

ただし、人によっては他社の方がお得なケースもあるので、しっかり特徴を見比べて決めるのが良いでしょう。

特徴や他社との比較の解説を参考にして、自分に合った2台目の車用自動車保険を選んでみてください。

この記事では、アクサダイレクトの複数所有新規割引に関して紹介しています。

「2台目契約以外のことも知りたい!」「特徴を全体的に理解したい!」と思っている人は下記の記事も参考にしてください。生の口コミからわかるアクサダイレクトの正体を紹介しています。

【知らぬは危険!】評判や口コミから暴く「アクサダイレクト」の正体

爽やかイケメンの岡田将生さんが出演している「アクサダイレクト」 参照:アクサダイレクト CMで有名なだけでなく、日本を代表する自動車保険と言えます。 ただ実際に利用した人の口コミや評判を、下記のように ...

続きを見る

2台目の車に対して、アクサダイレクトでは「複数所有新規割引」を受けられる

アクサダイレクトでは、2台目以降の車に対して「複数所有新規割引」を適用できます。

既に1台目の車に対して自動車保険を利用している方は、アクサダイレクトを利用すれば、保険料がお得になります。

「セカンドカー割引」などの名称で、様々な自動車保険会社が2台目の車に対する割引を提供している

2台目以降の車に対して割引を適用できるサービスは、「セカンドカー割引」などの名称で、自動車保険各社で展開されています。

後ほど詳しく比較しますが、各社で提供されているセカンドカー割引はいずれも、保険の等級を7等級からスタートできます。

自動車保険は通常6等級スタートで、毎年無事故だと等級が上がり、合わせて保険料が下がります。

つまり2台目以降の車で割引を受けて自動車保険に加入すれば、保険料を最初から抑えられるのがメリットと考えられるでしょう。

アクサダイレクトの「複数所有新規割引」の特徴

アクサダイレクトで「複数所有新規割引」を受けたい場合は、1台目と2台目の車が条件を満たしている必要があります。

<1台目の車>

  • 11等級以上になっている
  • 自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量が0.5トン超2トン以下に限る)、自家用小型貨物車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用軽四輪乗用車、キャンピング車のいずれかの種類

<2台目の車>

  • 記名保険者が1台目のご契約の記名被保険者またはその配偶者、そしてその配偶者と同居する親族
  • 車両所有者が1台目の契約の車両所有者、記名被保険者、記名保険者の配偶者、記名保険者の配偶者の同居する親族
  • 自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量が0.5トン超2トン以下に限る)、自家用小型貨物車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用軽四輪乗用車、キャンピング車のいずれかの種類

以上の条件を満たしていれば、複数所有新規割引を適用し、保険料がお得な状態で自動車保険を利用開始できます。

アクサダイレクトと他社で、2台目の車向け自動車保険の割引内容を比較

アクサダイレクトと他社自動車保険における、2台目の車において利用できる自動車保険の割引内容を比べてみましょう。

保険会社名特徴
アクサダイレクト:複数所有新規割引1台目の車が保険で11等級以上などの条件を満たせば、2台目以降は7等級スタート
チューリッヒ:セカンドカー割引1台目の車が11等級以上の保険になっているなら、2台目以降は7等級。さらに1台目がチューリッヒで契約中なら、お米ギフトカードが最大3,000円分もらえる
ソニー損保:セカンドカー割引1台目の車が保険で11等級以上などの条件を満たせば、2台目以降は7等級からスタートできる
三井ダイレクト損保:セカンドカー割引1台目の車が11等級以上などの条件を満たしていれば、2台目以降は7等級より開始
三井住友海上:セカンドカー割引1台目の保険が11等級以上などの条件を満たすと、2台目以降は7等級から契約可能

以上のとおり、各社の2台目以降の車における割引内容は概ね共通しています。

唯一他社と異なっているのはチューリッヒのセカンドカー割引で、1台目の車もチューリッヒで契約していれば、お米ギフトカード最大3,000円分がもらえます。

つまり1台目をアクサダイレクトでなくチューリッヒで契約している方は、2台目もチューリッヒにするのがおすすめと言えるでしょう。

1台目の自動車保険をチューリッヒ以外で契約している方は、アクサダイレクトやその他の自動車保険を利用してもまったく問題ありません。

アクサダイレクトで2台目の自動車保険に加入した口コミ・評判

アクサダイレクトで2台目の自動車保険に加入しているという口コミは、1つのみ見つけられました。

アクサダイレクトで軽自動車のアルトワークスを保険に加入させ、料金を節約できていると語られています。

実際に満足している人の声もあるので、アクサダイレクトでの複数所有新規割引を利用した自動車保険契約はおすすめと考えられるでしょう。

 

-アクサダイレクト

Copyright© 保険のいろは , 2020 All Rights Reserved.