ソニー損保 三井ダイレクト損保

徹底比較!急行サービスが特徴の「ソニー損保」と事故対応がオススメの「三井ダイレクト損保」

投稿日:

自動車保険について考えるとき、「ソニー損保 」か「三井ダイレクト損保」どちらにすべきか悩まれる方も多いと思います。

両社とも広告でよくみかけますが、正直どこが違うのかまではわからないですよね。

参照:ソニー損保

参照:三井ダイレクト損保

多くの人が一度は名前を聞いたことがある通り、どちらも優れた自動車保険を提供しています。

だからこそ、以下のような悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

お悩み

  • 「ソニー損保」と「三井ダイレクト損保」の違いってなに?
  • 「ソニー損保」と「三井ダイレクト損保」オススメするならどっち?
  • どっちの保険料がやすい?

この記事では「ソニー損保 」と「三井ダイレクト損保」の公式情報に加えて、実際の加入者の体験談や口コミ、直接コールセンターに聞いて集めた情報などから、それぞれの保険を徹底的に比較していきます。

各社から実際に見積もりも取り寄せました。

※実際に依頼した「ソニー損保」と「三井ダイレクト損保」の見積もりメール

前提として、両社ともすぐれた自動車保険を提供しているといって良いでしょう。

しかしこまかいところまで一つひとつ比較してみると、両社の強みとする部分には明確な違いがあることに気づきます。

筆者の出した結論は以下の通りです。

  • 土日も安心の事故対応&修理後サポートの充実をとるなら「ソニー損保」

「じゃあ、事故対応も修理後サポートも重視したいから "ソニー" を選べばいいんだね!」

と思う人もいるでしょう。しかし、そのように結論づけるのはあまりに危険です。

自動車保険においては"保険料"も重要になり、また、面倒なことに保険料は「"ソニー" が "三井" よりも安い!」など断言できないのです。

理由はシンプルで、契約者や車の特徴が人それぞれ千差万別で、しかも保険会社の強みもそれぞれ異なるため、人それぞれの保険料がおおきく異なるからです。

※「ソニー損保 」が安い口コミ

※「三井ダイレクト損保」が安い口コミ

自動車保険を"事故対応"や"アフターサービス"で選ぶのももちろん正解です。

ただ、"保険料"が2倍近く高くなってしまったら元も子もありません。

この記事では、「ソニー損保」と「三井ダイレクト損保」を徹底的に比較するだけでなく、どうすればあなたにとって最適かつ最安な自動車保険を、見つけられるかの方法も伝授します。

この記事を読み終わる頃にはあなたにとってベストな保険がわかるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

徹底比較!自動車保険を選ぶときの重要な 3つのポイント

本記事では、自動車保険えらびに特に重要な3つのポイントから「ソニー損保 」と「三井ダイレクト損保」を徹底的に比較していきます。

3つの比較ポイント

  • 優れた事故対応を提供しているか
  • ロードサービスは充実しているか
  • 保険料は他社と比べてやすいか

業界でも特に上記3つのポイントが重要といわれている理由は、事故を起こしてしまったときの流れを考えるとシンプルです。

  • 【事故対応】:事故を起こしてしまったとき保険会社がどこまで補償・サポートしてくれるのか
  • 【ロードサービス】:事故車両の修理や引き取り、その他の車のトラブルをどこまで補償してくれるのか
  • 【保険料】:事故対応・ロードサービスの補償に見合う保険料が設定されているのか

これら 3つのポイントごとに両社のサービスを徹底的に比較していきましょう。

ポイント1【事故対応】サポートの手厚い「ソニー損保」がおすすめ

事故対応において「ソニー損保」は、"スピーティーな対応"をアピールし、

参照:ソニー損保

「三井ダイレクト損保」は"安心の対応"をアピールしてます。

参照:三井ダイレクト損保

ただ、どちらもよく似ているので正直これだけではどちらの事故対応がより優れているのかわからないですよね。

そこで、実際の事故対応のサポート内容について項目ごとに比較した結果をまとめてみました。

+ クリック:上記の図が見にくい場合

ソニー損保三井ダイレクト損保
事故受付24時間365日24時間365日
事故後の初期対応時間20時までに受け付けた場合、当日中に初期対応19時までに受け付けた場合、当日中に初期対応
警備員現場急行サービスセコムの警備員
指定修理工場○(400カ所以上)○(約2,000カ所)
被害事故相談サポート
訪問・面談サポート
事故経過対応報告
弁護士によるサポート

こちらの結果を見る限り、事故対応においては「ソニー損保」のほうが優れていると言えるでしょう。

なぜなら、事故対応の項目でとくに重要なのは「事故後の初期対応」と「現場急行サービス(または訪問・面談サポート)」、「被害事故(もらい事故)相談サポート」で、20時まで当日中の初期対応を約束している「ソニー損保」のほうが安心と言えるからです。

ソニー損保の事故対応について、以下のような口コミも実際にみられます。

「ソニー損保」ではさらに、セキュリティ会社の警備員による現場急行サービスを提供しているのも魅力です。

事故後に訪問・面談によってサポートしてくれるサービスだけでなく、事故現場に警備員が急行してきてくれるサービス、このふたつを同時に提供している大手ダイレクト型自動車保険は「ソニー損保」だけでした(筆者調べ)。

続いては、二つ目のポイントであるロードサービスについて比較していきましょう。

ポイント2【ロードサービス】拠点数の多い「ソニー損保」がおすすめ

ロードサービスについて「ソニー損保」では高い満足度をアピールする一方、

参照:ソニー損保

「三井ダイレクト損保」では '安心のロードサービス' をアピールしていました。

参照:三井ダイレクト損保

どちらのロードサービスがより充実しているか、こちらも項目ごとに徹底的に比較していきます。

+ クリック:上記の図が見にくい場合

ソニー損保三井ダイレクト損保
サービス拠点数9,700カ所3,900カ所
燃料補給作業1年目の燃料代は実費 / 2年目から燃料10リットルまで無料1年目の燃料代は実費 / 2年目から燃料10リットルまで無料
落輪引き上げ車輌1輪まで / クレーン作業は無料対象外2万円(税込)までの落輪引き上げ
無料レッカーサービス保険会社が指定する工場は距離制限なし。工場を指定する場合は100㎞まで無料保険会社が指定する工場は距離制限なし。指定する場合は50㎞まで無料
修理後引取費用1万円を上限に、引き取りに必要な片道分の交通費(1名分)事故付随費用補償特約(370円/年)加入時、1回の事故・故障等につき10万円限度
帰宅費用サービス搭乗者全員の交通費 / レンタカーの場合: 契約車両と同等クラス24時間無料、乗り捨て無料事故付随費用補償特約(370円/年)加入時、1回の事故・故障等につき1名あたり2万円限度 / (2年目以降)レンタカーの場合: 12時間無料
宿泊費用サービス搭乗者全員分の宿泊費を1泊まで事故付随費用補償特約(370円/年)加入時、1回の事故・故障等につき1名あたり1万円限度
ペットの宿泊費用1万円を上限に、ペットの宿泊費、ペットホテルまでの交通費、ペットホテル・ペットシッター費の延長分なし

ロードサービスについても「ソニー損保」に軍配があがると言えるでしょう。

ロードサービスの項目で重要なのは「サービス拠点数」や「無料レッカーサービス」、修理後の「引取費用」「帰宅・宿泊費用」といったサポートですが、それらどの点においても「ソニー損保」がのほうが優れていると言えるため、です。

実際にも下記のような口コミもみられます。

ちなみに「三井ダイレクト損保」では修理時に必要となる各種ロードサービスを自動付帯ではなく特約として扱っています(370円/年)。

不要であれば外すこともできますが、事故対応以外のトラブルにもこたえてくれるロードサービスが自動付帯であると心強いですよね。

それではいよいよ、気になるその保険料について比較しましょう。

ポイント3【保険料】「ソニー損保」と「三井ダイレクト損保」どっちがやすい?

「ソニー損保」と「三井ダイレクト損保」で、以下の条件で保険料の見積もりをとりました。

+ クリック:申し込み内容

契約情報申し込み内容
契約について初めて加入
記名被保険者の性別男性
運転者年齢条件30歳以上補償(三井ダイレクト損保は26歳以上)
運転者の範囲本人・配偶者限定
用途日常・レジャー
年間予想最大走行距離7,000km
免許証の色ブルー
対人賠償保険無制限
対物賠償保険無制限
人身傷害補償保険5,000万円
搭乗者傷害保険1,000万円
車両保険あり
対物全損時修理差額費用補償特約          なし
その他特約なし                

結果、おとなの自動車保険が17,190円安い結果となりました。

ソニー損保三井ダイレクト損保
見積もり金額114,970円/年97,780円/年
インターネット割引10,000円10,000円
実際の保険料104,970円87,780円

※三井ダイレクト損保ホームページから見積もりをとる場合、プランによっては「自転車賠償特約(年 2,110円)」がデフォルトでついているケースもあるので、不要な方は外すようにしてください。

「じゃあ保険料のやすい三井ダイレクト損保にしよう!」という方もいるかもしれません。

その考え、間違いです。

あなたに最適な自動車保険をみつける方法

理由はシンプルで、「三井ダイレクト損保」のほうがやすかったのはあくまでも筆者の状態であり、条件が変わるたびに保険料も変わるからです。

特にソニー損保では以下のように、ダイレクト型自動車保険の中ではかなり細かく走行距離の区分を設定しており(7区分)、あなたの車の使い方によっては十分に保険料が安くなることもあると思います。

参照:ソニー損保

下記のような口コミもみうけられるので、やはり条件によって保険料は変わることでしょう。

お伝えしたいことは、「ソニー損保や三井ダイレクト損保だけがあなたにとって最適ではない可能性が高い」ということです。

所有車や免許の色、年齢などの条件が人によって異なりますし、保険会社が提供するプランも見てきたとおりバラバラなので、どの保険があなたにぴったりなのかは実際に条件を指定して見積もりをとってみないとわからないからです。

アクサダイレクトやチューリッヒがあなたにとってベストである、ということも十分にありえます。

「じゃあ自分にぴったりの自動車保険はどうやって選んだらいいの?」と思う人もおおいと思います。

答えは、保険見積もりを複数社とって直接比べてみること。

実際に「比較することで料金がとても安くなった!」などの口コミも多くみられます。

ではどのように複数の自動車保険を比較すればいいのでしょうか。

方法としては「一括見積もりサイト」が最適です。

「一括見積もりサイト」はあなたや車の状況に適した、各自動車保険のプランを一括に手に入れられるサイトです。

自動車保険の見積もりが下記のように一括で手に入り、あなたにとってのベストが一目でわかるようになります。

筆者の場合、アクサ(57,000円)→イーデザイン(61,000円)→SBI(77,000円)→おとなの自動車保険(82,000円)の結果になり、3万円近く保険料が安くなりました。

もちろん人それぞれ、車や免許証、年齢などが違い、最適な自動車保険が異なるため、上記のような結果にはならないでしょう。

無料で、3分もあれば完了し、結果、あなたの最適な自動車保険が見つかり、保険料が安くなるのでオススメします。

まとめ

いかがでしたか。

この記事では「ソニー損保」と「三井ダイレクト損保」を下記3つのポイントで比較しました。

3つの比較ポイント

  • 優れた事故対応を提供しているか
  • ロードサービスは充実しているか
  • 保険料は他社と比べてやすいか

事故対応に関しては、20時までの受付で当日中の初期対応が魅力の「ソニー損保」がおすすめと言えます。

ロードサービスに関しても、拠点数の多さや各種サポートが充実している「ソニー損保」に軍配があがりました。

気になる保険料ですが、「ソニー損保」や「三井ダイレクト損保」があなたにとってもっとも安いというわけではない可能性が高そうです。

自動車保険の保険料をしっかり考えたい人は、まず複数の自動車保険の見積もりを取得して実際に比較することからはじめてみてはいかがでしょうか。

複数の見積もりを手にいれるには一括見積もりサイトがおすすめです。

無料で、5分もあれば申請が完了し、あとは各社の見積もりが送られてくるのを待てばいいだけです。

保険料を下げたい人は必ず利用した方が良いと言えます。

-ソニー損保, 三井ダイレクト損保

Copyright© 保険のいろは , 2020 All Rights Reserved.