一括見積もり

【2020年最新】オススメ自動車保険一括見積りサイトと危ない注意点

更新日:

自動車保険の契約を検討しており、一括見積もりサイトを使おうと思っている人も多いでしょう。

一括見積もりサイトは多くの人に利用されており、利用者を公表しているサイトだけでも1,500万人になります。

日本の自動車が6,000万台と言われているので、車を持っている人の4人に1人が利用しているサービスです。

ただ下記のように悩んでいる人もおおいと思います。

この記事では元保険会社に勤務していた筆者が、実際に使ってみてわかったことを包み隠さず紹介します。

一括見積もりで送られてきた一部の見積もり

なぜ「包み隠さず」とかというと、公式サイトやいろんなサイトでは悪いことは一切触れず、良いことしか書いていません。

結果、後悔してしまう人がいるのです。

あなたもそのうちの1人になる可能性はあるので注意してください。

「では、自動車保険一括見積もりサービスは悪いサービスなの?」と疑問を持つ人もいますが、全くそんなことはありません。

あなたにとってベストな自動車保険が見つかり、最終的には大幅に保険料が安くなる一括見積もりサービスは利用すべきサービスと断言できます。

ただ全てのサイトがオススメとは言えません。

先に結論を言うと、インズウェブを使っておけば安心です。

実績がダントツで多く(900万)、信頼できる会社(SBIホールディング)が運営しており、また紹介してくれる自動車保険も最多(21社)ですので一番料金が安くなります。

なぜ上記のようなことが言えるのか、わかりやすく理解できるようにまとめているので参考にしてみてください。

1.安心?お得?自動車保険の一括見積もりサイトのサービスモデル

「なぜ利用者が多いのか?」「そもそもどんなサービスなのか?安心できるの?」などの疑問に答えていきます。

「早くおすすめな引越し一括見積もりサイトが見たい!」と思う人はこの記事の「4.徹底比較!自動車保険一括見積もりサイトおすすめランキング」を参考にしてください。

騙されちゃいけない!ベストな自動車保険は一人ひとり異なる

驚く人もいると思いますが、「一番のオススメな自動車保険はこれです!」と断言することは不可能です。

もし断言している人や本、サイトがあれば疑うようにしましょう。

なぜそう言い切れないかと言うと、100人自動車保険を契約する人がいれば、以下のように100通りの状況があるため、一人一人ベストな保険が異なるからです。

このことを知らないで「テレビCMでみた自動車保険だから大丈夫だよね!」と契約する人はあまりにも勿体無い選択をしています。

ではなぜ、このような自動車保険業界で、一括見積もりサイトが多く使われているのでしょうか?

ベストな自動車保険を見つけるためには、複数比較が必要不可欠

あなたにとってベストな自動車保険を見つけるためには、複数の自動車保険を比較することが必要です。

極端に言うと、2020年03月時点でこれしか方法は存在しません。

実際にも消費者庁が運用する国民生活センターも比較検討をしっかりするように注意喚起しています。

参照:消費者庁

このように重要な複数比較を、時間をかけずに簡単にできるのが自動車保険の一括見積もりサイトであり、多くの人から利用されている理由になります。

結果、自分の状態にあったベスト自動車保険を見つけることができ、同じ契約内容なのに料金が半額以下にもなることがあります。

ではこのような「自動車保険一括見積もりサイト」はどのようにして運営されているのかみてみましょう。

「自動車保険一括見積もりサイト」は自動車保険会社から報酬をもらう

一括見積もりサイトの運営の流れをみてみましょう。

運営会社の立場からみた流れ

  1. 自動車保険を検討している人(あなた)を集める
  2. 自動車保険を検討している人(あなた)が「一括見積もり」に申し込む
  3. 自動車保険を検討している人(あなた)の情報を自動車保険会社に提供する
  4. 情報提供料としての報酬を、自動車保険会社からもらう

要するに一括見積もりサイトは、自動車保険を検討している人(あなた)を保険会社に紹介、紹介料として保険会社から報酬をもらっています。

自動車保険会社から報酬をもらって運営していることを紹介しましたが、ここで、「そもそも自動車保険の一括見積もりサイトって信用できるの?」と疑問に持つ人も多いでしょう。

注意!全ての「自動車保険一括見積もりサイト」が信用できる訳ではない

いきなりですが、信用してよいサイトもあればそうでないサイトもあります。

信用できるかどうかは、下記3つのポイントで判断すると良いと言えます。

3つの判断ポイント

  1. 運営している会社が信用できるか?(運営会社・上場)
  2. ちゃんと実績があるか?(運営歴・利用者数)
  3. 紹介してくれる自動車保険が多いか?(提携保険数)

では上記3つの視点から、自動車保険一括見積もりサイトを比べてみましょう。

サービス名運営会社上場運営歴実績提携保険会社数
インズウェブSBIホールディング19年900万人23社
保険スクエアbang!ウェブクルー×21年400万人19社
NTTイフNTT16年200万人10社
価格.com 自動車保険価格.com9年非公開7社
楽天自動車保険楽天不明非公開7社
ヤフー保険ヤフー不明非公開11社
イオンのほけん相談イオン不明非公開6社

上記表を見れば一目瞭然ですが、インズウェブがオススメです。

理由としてはとてもシンプルで、上場もしている会社が運営しつつ、運営歴・実績・提携保険会社数が多いからです。

特に最後の提携保険会社数がとても重要です。

仮に提携数が少ないと、ベストな自動車保険を見つけられないので注意してください。

楽天やヤフー、イオンなどの有名な会社もみられますが、知っているという理由で選ぶのはやめておきましょう。

後ほど4.徹底比較!自動車保険一括見積もりサイトおすすめランキングで詳細は触れますが、2020年03月時点では「インズウェブ」が一番オススメできます。


 

「自動車保険一括見積もりサイト」の概要を紹介してきました。

たくさんの人から選ばれているのは、複数の見積もりを一度にとれ、自分にとってのベストな保険が見つかり、最終的に料金が安くなりからです。

もちろん無料なので、自動車保険を検討している人は必ずと言えるほど利用した方がいいといえます。

ただ「自動車保険の一括見積もりサイト」も、注意点はあります。

ここからは実際の利用者の生の口コミを参考に、良い点だけでなく悪い点もしっかり紹介します。

2.しつこい電話は大丈夫?「自動車保険一括見積もりサイト」の口コミ・評判

当たり前のことですが、公式ページは良い情報しか記載していません。

この記事では冷静に自動車保険一括見積もりサイトをみるために、実際の利用者が自由に直接書き込めるtwitter投稿の傾向を参照にしました。

いきなり結論になりますが、下記のように傾向をまとめられます。

口コミ・評判の傾向

【好評】

・自分にベストな自動車保険が見つかり、保険料が安くなる

・一括見積もりの依頼をするだけで、様々な特典・キャンペーンがもらえる


 
【悪評】

・電話はかかってこないが、メールでの連絡がしつこい

では口コミの詳細をみてみましょう。

「自動車保険一括見積もりサイト」の良い口コミ・評判一覧

+ クリック:良い口コミ・評判

では続いてあなたの気になる悪い口コミ・評判もみてみましょう。

「引越し一括見積もりサイト」の悪い口コミ・悪評

+ クリック:悪い口コミ・評判

上記の口コミ・評判だけでもどのようなサービスかわかりますが、よりわかりやすくするためにメリット・デメリットとしてまとめました。

3.特典・キャンペーンは豊富?メールには注意?自動車保険一括見積もりサイトのメリット・デメリット

口コミ・評判の内容から下記のようにメリット・デメリットを整理できます。

メリット・デメリット

【メリット】

・簡単に複数比較でき、保険料がとても安くなる

・申し込むだけで特典がもらえる


 
【デメリット】

・メールの連絡が長期的にくる

まずメリットの詳細をみてみましょう。

メリットその1:簡単に複数比較でき、保険料がとても安くなる

文字で長々と記載するよりも、筆者の所有しているプリウスの自動車保険を[※インズウェブ文字]で試してみたので、その結果をお見せした方がわかりやすいでしょう。

このようにみると、ほとんど同じ契約内容なのにもっとも高いイーデザイン損保ともっとも安いアクサダイレクトは33,200円も違いがでました。

仮に筆者のプリウスの場合は、アクサダイレクトがベストと言えそうです。

ただあくまでも、筆者の年齢(34歳)・ステータス(ゴールド免許)・希望としている保証金額だと、アクサダイレクトが一番ベストという結果であり、

あなたの状況や希望保証金額の場合だと、ベストな保険会社も異なるのでぜひ試してみてください。

メリットその2:申し込むだけで特典・キャンペーンがもらえる

実際に自動車保険に契約しなくとも、一括見積もりするだけで特典がもらえるサイトがあります。

ではどんな特典があるのかみてみましょう。

インズウェブの特典・キャンペーン:全員にケンタッキーチキン

参照:インズウェブ

インズウェブはKFCのケンタッキーチキンになります。

自動車保険に契約しなくても、誰でももらえれるので嬉しい特典ですね。

保険スクエアbang!の特典・キャンペーン:全員にカップヌードル or ケンタッキーチキン

参照:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!はインズウェブの特典ととてもにておりますね。

KFCのチキンとカップヌードルが選べれるようになっています。

NTTイフ自動車保険の特典・キャンペーン:保険契約でギフトカードなど

参照:NTTイフ

NTTイフはインズウェブなどとは異なり、実際に保険を契約すると特典をもらえます。

またギフトカードから、ハーゲンダッツなど自動車保険ごとにもらえる特典が異なります。

価格.com自動車保険の特典・キャンペーン:20名に有名家電・ゲーム

参照:価格.com自動車保険

価格.comに関しては抽選20名に豪華な特典が当たるようになっています。

20名だけなので、ほぼ当たる可能性がないと考えてよいですが、仮に当たれば一番豪華な特典になります。

楽天自動車保険の特典・キャンペーン:全員に米 or 牛丼

参照:楽天自動車保険

インズウェブや保険スクエアbang!と同じで全員がもらえる特典ですが、種類が大きく異なります。

米か牛丼から選べれるようになっています。

イオンのほけん相談の特典・キャンペーン:保険契約でレジカゴバック

参照:イオンのほけん相談

イオンに関しては、レジカゴバックがもらえますが、全員でなく自動車保険に実際に契約した人のみが対象なので注意が必要です。


 

各社の特典・キャンペーン情報をまとめました。

一括見積もりを利用するだけでもらえるものや、抽選や成約でしかもらえないものもあるので注意が必要です。

特典・キャンペーンだけの視点ですと必ずもらえるという、インズウェブ・保険スクエアbang!・楽天自動車保険がオススメです。

ではあなたがもっとも気になっているであろうデメリットをみてみましょう。

デメリット:しつこい電話はないが、メールが長期的にくる

一括見積もりサイトと聞くと、引越しや車のように「電話がしつこい!」と思う人もいるでしょう。

安心してください。

自動車一括見積もりは引越しや車のようなしつこい電話は一切ありません。

(筆者も実際に試して実証済みです)

引越しなどのしつこい電話から比べればかわいいようなものですが、自動車保険の場合は下記のようなメールが定期的に送られてきます。

しつこい電話もなく、定期的といっても多くて1ヶ月に1つ届くかどうかなので、正直デメリットとは言い切れません。

ただ「定期的にメールが送られるのはいや!」という人もいることでしょう。

その場合は、メール配信の停止の設定が行えます。

1分もあれば設定が完了するのでとても簡単です。

参照:インズウェブ


 

ここまでの説明で、自動車保険の一括見積もりサイトがどのようなサービスかが把握できたと思います。

致命的なデメリットもなく、料金が安くなり特典もついてくる自動車保険一括見積もりサイトは利用すべきサービスと言えるでしょう。

ただここで、「実際にどのサイトを使えばよいかわからない!」という人も多いでしょう。

次に筆者が一つ一つ使ってみてまとめたランキングを紹介します。

4.徹底比較!自動車保険一括見積もりサイトおすすめランキング

この記事では2020年03月時点で確認できる、下記の「引越し一括見積もりサイト」を比べます。

まずは各社の特徴をまとめました。

上記の表見ればどこがオススメかがわかると思います。

価格.comやヤフー、イオンなどはブランドとして有名ですが保険一括見積もりサービスだとオススメできません。

知ってるいるからという理由で申し込むのはやめておきましょう。

では筆者のオススメランキングを紹介していきます。

1位:インズウェブ

参照:インズウェブ

筆者が胸を張っておすすめできるのが、「インズウェブ」になります。

この記事の前段から軽く紹介はしてきましたが、運営会社が上場しているSBIで信頼でき、900万件のダントツ1位の実績で、提携している自動車保険会社も21社ともっとも多く、あなたにとってベストな自動車保険を見つけられる可能性がもっとも高いです。

さらに利用するだけで、KFCのケンタッキーももらえる特典付きです。

多くは語りません。

自動車保険の一括見積もりサイトを検討しているなら、よほどの理由がない限り「インズウェブ」を利用しておけば良いでしょう。

2位:保険スクエアbang!

参照:保険スクエアbang!

2位は保険スクエアbang!です。

運営会社は1位インズウェブのSBIと比べ、ウェブクルーという会社で知らない人も多いと思います。

自動車保険一括見積もりサイトを運用する会社の中で、唯一上場していない会社です。

ただ運営歴は21年は最長で、利用者数は400万人とインズウェブに次いで実績があります。

特別な理由でインズウェブを利用したくない場合に、保険スクエアbang!はオススメです。

3位:NTTイフ

参照:NTTイフ

3位はあのNTTが運用するNTTイフです。

理由としてはとてもシンプルで、運営歴・実績・保険会社提携数が総じて、インズウェブと保険スクエアbang!に次いで3位だからです。


 

いかがでしたでしょうか?

インズウェブ」を利用しておけば問題ありませんが、その他の選択肢として「保険スクエアbang!」と「NTTイフ」を紹介しました。

では最後に実際に利用する時に、あなたが戸惑わないよう、自動車一括見積もりサイトの流れを「インズウェブ」を例にみていきましょう。

5.「自動車保険一括見積もりサイト」利用時の流れ

利用時にあなたが戸惑わないよう、一括見積もりサイトの流れを紹介していきます。

一見多いようにも見えますが3分もかかりません。

8つの流れ

  1. 項目記入ページにアクセス
  2. 利用規約に同意
  3. 自動車の状態を選択
  4. 自動車のその他の情報を選択
  5. (自動車保険に加入している場合)契約している情報を記載・選択、(自動車保険に加入していない場合)納車の情報を選択
  6. 運転者の情報を選択
  7. その他運転者の情報を選択
  8. 自動車保険の希望内容を選択

ではそれぞれを見ていきましょう。

流れ1:項目記入ページにアクセス

+ クリック:イメージをみる

一括見積もりサイトに入ったら、まず"一括見積もりスタート"というボタンを押して、一括見積もりに必要な項目を記入するためのページにいきます。

流れ2:利用規約に同意する

+ クリック:イメージをみる

続いて利用規約のページになります。

利用規約の内容を確認したあと、"利用規約に同意して次にすすむ"のボタンを押します。

流れ3:自動車の状態を選択する

+ クリック:イメージを見る

続いて自動車の概要・状態を選択します。

保険料はメーカーや車種、車の状態で大きく変わります。

ここでは下記4つの答えを用意する必要があります。

  1. いつ購入(登録)された自動車か?
  2. メーカーは何か?
  3. 車名は何か?
  4. 型式は何か?

流れ4:自動車のその他の情報を選択する

+ クリック:イメージを見る

続いては自動車の付加情報を選択します。

下記5つが答えなければいけない項目です。

  1. すでに自動車保険に加入しているか?
  2. どこで利用しているか?
  3. どんな時に車を利用しているか?
  4. 年間どれくらい走行しているか?
  5. 改造しているか?

なお、質問1で現在、自動車保険への加入の有無を聞いていますが、答えによって流れ5で聞かれる質問も変わります。

(現在、自動車保険に加入している場合)流れ5:現在契約している情報を記載・選択する

+ クリック:イメージを見る

流れ4で、すでに自動車保険に契約していると選択した場合、現在の契約情報を記載する必要があります。

答えなければいけない質問は下記になります。

  1. ナンバープレートに記載されている情報
  2. 現在契約している自動車保険
  3. 現在契約している保険の満期
  4. 現在契約している保険の等級
  5. 事故有期間(事故をしたかどうか)
  6. 事故により保証金を請求したか

(現在、自動車保険に加入していない場合)流れ5:納車の情報を選択する

+ クリック:イメージを見る

流れ4で自動車保険に加入していないと答えた人は、現在自動車を所有していないと想定され、下記のように2つの質問をされます。

  1. 納車される日
  2. 保険契約が始まる希望の日

流れ6:運転者の情報を選択

+ クリック:イメージを見る

流れ5までは自動車に関する情報を記載します。

続いて運転者に関する情報になり、流れ6には下記の質問に答える必要があります。

  1. 名前
  2. 生年月日
  3. 性別
  4. 結婚しているかどうか
  5. どんな仕事をしているか
  6. 免許証は何色か
  7. 見積もりをしているのは誰か
  8. 免許停止や処分の経歴はあるか
  9. 他に運転する家族はいるか

流れ7:その他運転者の情報を選択

+ クリック:イメージを見る

流れ6と同様、流れ7も運転者の情報を選択します。

答えなければいけない項目は下記になります。

  1. 郵便番号
  2. 住所
  3. 住まいは家かマンションか
  4. 電話番号
  5. 車を持っているは誰か

次が最後になり、完了となります。

流れ8:自動車保険の希望内容を選択

+ クリック:イメージを見る

最後はどんな保証内容にしたいか選びます。

答えなければいけない項目は下記12つになり、少し多くなります。

  1. 対人賠償責任保険金額
  2. 対物賠償責任保険金額
  3. 人身障害保証金額
  4. 搭乗者障害保証金額
  5. 車両保険の種類
  6. 車両免責金額
  7. 自動ブレーキシステムの有無
  8. ファミリー特約
  9. 保証される運転者
  10. 運転予定者でもっとも若い年齢
  11. 保険を選ぶ際の注意点
  12. 保険会社からのアドバイスを必要としているか

質問9以降は簡単に答えられますが、質問1~8までは保証内容に関することで難しい言葉が並んでおります。

「難しくどれを選べばいいかわからない!」という時は、右側にある「参考データ」をクリックしてみてください。

上記のようにどの項目を選んだ人が多いのかを、データでわかることができますので参考にできます。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?

「自動車保険の一括見積もり」はあなたにベストな自動車保険が見つかり、必ずと言えるほど料金が安くなるので使うべきサービスです。

またオススメなサイトとしてはインズウェブで、実績が一番多く、信頼できる会社が運営しており、また紹介してくれる自動車保険も最多ですので一番料金が安くなります。

この記事を通じて少しでもあなたの引越しのお役にたてれば幸いです。

-一括見積もり

Copyright© 保険のいろは , 2020 All Rights Reserved.